高崎(群馬)の優良脱毛サロンランキング

3種の脱毛脱毛方法

光脱毛(フラッシュ)

黒い色素に集まる光を光源を工夫したり、フィルターを利用したり、ジェルを利用したりなどしてうまく毛の毛根組織にあるメラニンに集まる様にして、熱で毛根周囲の毛母細胞を破壊して脱毛をする方法です。
レーザーのように光の収束をさせていないので、発生する熱量は少なくなり、やけどなどの危険性が減り、痛みも少なくなります。ただしその分組織の破壊力は落ちますので、完全に破壊されていない組織から以前よりは細くなった毛が生えて来る確率が増えます。
それを補うために、回数を増やして何度も照射するため、完全に脱毛するまでには回数が必要なため、期間が長くかかります。ただし照射範囲がレーザーより広いため一回の施術時間は短く、料金もとても安くなります。

レーザー脱毛

はだを傷める危険佐瀬があり、やけだと等が度々おこったため、今は医療機関にのみ許されているのがレーザー照射による脱毛です。光源からそのまま照射される光よりも収束されることによって出力が高くなるので、同じ黒い色素に集まりやすい性質を利用するのは同じですが、組織の破壊力は大きくなります。
このため痛みはかなりあるので、麻酔などのオプションが用意されています。永久脱毛とうたえるのは、医療機関のレーザーだけとなっていますが、表現的な問題で、レーザーだからといって絶対とは限りません、レーザーであっても、色があまりない産毛や白髪毛などは完全に脱毛するのは難しいと思います。

ニードル脱毛(電気針脱毛)

毛穴に1本ずつ針を刺して微弱な電気を流して毛根周囲の毛母細胞などをを破壊する脱毛方法で、ニードル脱毛とか電気針脱毛とよばれています。1本づつなので時間はかかりますが、組織の破壊が確実なため、まず生えて来ることはなくなります。処理したその場で抜けるのでその日のうちに毛が減ったのがわかります。
痛みがとても強いので、現在ではあまりおこなわれなくなっていますが、まだ一部のエステサロンやクリニック、施術されています。
また男性のしつこいひげには効果的なので、ひげ脱毛ではまだ主流として行なわれています。
1本ずつ抜くところを選べるので、ヒゲのデザインなどにも有効な方法です。医療機関の場合は痛みを低減するために麻酔や笑気ガスなどをオプションで利用することもできるようです。

 

 

脱毛基礎知識記事一覧

脱毛方法種類

光脱毛(フラッシュ)黒い色素に集まる光を光源を工夫したり、フィルターを利用したり、ジェルを利用したりなどしてうまく毛の毛根組織にあるメラニンに集まる様にして、熱で毛根周囲の毛母細胞を破壊して脱毛をする方法です。レーザーのように光の収束をさせていないので、発生する熱量は少なくなり、やけどなどの危険性が...

≫続きを読む

 

光脱毛の効果

口コミなどでは、光脱毛が全然効果がなかったという人もいますし、つるつるになったという人もいます。悪い評価の方が書かれることがおおいので、その効果がないという口コミは結構存在しています。しかし、これだけ脱毛サロンでどんどんできて、光脱毛を受ける人が増えている、さらには、エステでもニードルではなく、光脱...

≫続きを読む

 

光脱毛の準備

光脱毛の場合は、3〜1日前に、脱毛する部分のシェービングが必要になります。光は、黒い色素をもつ毛から侵入して、毛根組織までいき、そこに集まって熱を発生して、毛根組織を破壊するわけですが、毛が長すぎると、毛根組織までとどかず、毛だけにとどまってしまい、効果がでません。そのため、肌の表面は切れ行して、毛...

≫続きを読む